オレキゾクドットコム

スペインワーホリビザ当選!認可までの期間や難易度は?

time 2017/09/10

スペインワーホリビザ当選!認可までの期間や難易度は?

2017年4月5日に締結され、7月1日から申請受付を開始したスペイン・ワーキングホリデービザ。

先日申請した結果がやっと届いた。
ありがたいことに認可された。

始まったばかりのシステムで当選の連絡が来るまで不安だったので、スペインワーホリビザを申請しようと思っている人のために情報を共有しようと思う。

スペイン・ワーキングホリデービザとは

スペイン大使館のウェブサイトでは以下のように説明されている。

ワーキング・ホリデー制度の導入により、希望者に対して、入国の日から最長一年間スペインでの滞在が許可されます。滞在目的は主として休暇を過ごすためとなりますが、旅行資金を補うために必要な限りにおいて,スペインの法令に従って、就労することが認められます。

スペイン語圏の国として、日本とワーホリ制度を締結したのはスペインが初めて。
アルゼンチンとも同じく今年に締結したが、詳細についてはまだ発表されていない。

申請から認可、ビザ受け取りまでの期間

スペイン大使館では、ワーホリビザ申請から発給までの必要日数は約8週間と説明されていた。

今回、自分は申請期間中に海外への渡航予定があったため、パスポートは預けずにいたため、認可の書類は郵便で届いた。
申請から認可の書類が届くまでに実際にかかった期間は約6週間

これからスペイン大使館へ、郵送か窓口に直接行くかしてパスポートを預け、1週間(4〜5営業日)ほどでビザが発給される予定。

おそらく、ワーホリビザ申請時にスペイン大使館にパスポートを預けていれば、申請から6〜7週間でビザが発給されるものと思われる。

認可及び発行通知書の内容

ワーホリビザ審査結果は、申請時に提出した返信用封筒で届く。
認可及び発行通知書と書かれたその書類には「査証申請は認可されたことを通知します」と書かれていた。

そして、この通知書の発行日より2ヶ月以内に査証受領のために出頭が必要とのことだった。

また、査証を受領する前に、必ず査証発行のため、事前にパスポートの提出が必要で、発給のために4〜5日程度預かる必要があるとのこと。
パスポートの提出は代理人による持参や、大使館領事部宛に書留で郵送することも可能とのこと。

なお、スペインへの入国はこの知らせの日から3ヶ月以内にしなくてはならない、との記載もあった。

査証が発給され次第大使館から電話連絡があるので、本人出頭の上、受領する必要がある。

スペイン・ワーホリビザ取得の難易度

始まったばかりなので公式には数字が全く出ていないので確実なことな何も言えないが、自分の経験から、現時点では難易度はかなり低いと思われる。

自分は現在30歳で、いわゆるギリホリ
特別な経験などがあるわけではない。

また、購入した航空券は往復ではなく片道
任意だったスペイン滞在の最初の期間の宿泊証明書も提出していない

つまり、スペックが決して高いわけでもなく、最低限の書類しか提出していないにも関わらず、認可が下りた。

年間500のスペイン・ワーホリビザを発行すると発表されているが、今のところおそらく先着順なのではないかと思われる。

出願要件を満たしているのであれば、早く申請すればおそらくワーホリビザは発行されるものと思われる。

ただ、これはあくまでも現時点での推測です。

出発までにすべきこと

日本でスペイン語の基礎力をつける

「スペインにワーホリで行ってまずは語学学校に行こう。だから勉強は現地に着いてから…。」
と考えるのはあまり得策とは思えない。

自分は以前、ラテンアメリカを1年ほどバックパッカーとして旅行をしたことがあるが、旅をする前に数ヶ月、独学でスペイン語を勉強した。

そして、現地のスペイン語学校へ数週間通った。
そのときにはすでに文法などはある程度わかっていたので、会話の練習が中心となり、日常会話程度はできるようになった。

ラテンの人々は陽気で忍耐強いので、下手なスペイン語でも結構付き合ってくれる。
アメリカやイギリスに行って英会話でボッコボコにされた経験がある人でも安心して大丈夫。

それでも、基礎の単語と文法がわかっていないとやはり会話はできない。
せっかくワーホリに行くなら現地の人と仲良くなるためにも、スペイン語は日本にいるうちから勉強しておこう。

自分のオススメの勉強法はNHK語学講座。
やっぱり文法も基礎からしっかり勉強できるのでいい。
そして、スペインの(ときには中南米の)歴史や文化についても学べるのでとても興味深い。

そして、単語の勉強は辛いが最低限これくらいは覚えておきたい。

NHKラジオがわかるようになってきたら、オンラインスペイン語会話もいいかもしれない。
日本でスクールに通うことを考えたら格安。
スパニッシモスパニッシュ・オンラインは1レッスン500円程度から始められる。
まずは無料体験を試してみるといいと思う。

お金を貯める

お金がいくら必要かは何をしたいかによって変わると思う。
それでも、ギリギリのお金しか持たずに現地へ行ってしまうと、「日本食レストランで働きづめになり、現地の人と一切交流しなかった」なんて笑えない状況にもなりかねない。

しかも、スペインの現在の経済状況を考えると、いい仕事が見つかるとはあまり思えない。

今、まだ仕事をしているなら無駄な出費を抑えて、貯金を始めよう。
100万円〜150万円程度あると安心できる。

そんなに収入がないからいくら節約してもそんなに貯められない、という人は副収入を作ることをオススメする。
ポイントサイトを使えば無理なく年間50万円程度は貯められると思う。
ポイントはマイルに交換することもできるので、スペインへの航空券を無料で手に入れることも可能。

「でも、ポイントサイトなんて1日で数円しか稼げないんじゃない?」
と思っている人もいるかもしれない。

でも、ポイントサイトは日々進化していて、今は

  • 年会費無料のクレジットカードを発行するだけで10,000円相当ポイント
  • FX口座を作って一定の条件を満たすだけで15,000円相当ポイント
  • 保険相談をするだけで10,000円相当ポイント
  • 2,500円のマッサージを受けるだけで4,000円相当ポイント
  • 外食してアンケートに答えると最大100%相当ポイント還元

というような美味しい案件がたくさん存在する。

しかし、無職の場合はクレジットカードの発行が難しくなり、大量ポイント獲得することが難しくなる
だから、まだ定職を持っている今のうちからポイントサイトで副収入をゲットして、ワーホリのための貯金を加速させよう。

また、
ヤフオク、ヤフーショッピング、LOHACO、楽天、楽天トラベル、エクスペディア、Booking.com、じゃらん、一休.com、グルーポン
などを利用する際にも、ポイントサイトを経由するだけで利用料金の1%〜5%ほどのキャッシュバックを受けられる。

クレジットカード発行などの大量ポイント案件と比較すれば大した額ではないかもしれないが、塵も積もれば山となる、とはよく言ったもので、年間オンラインで100万円使っているとすれば、1万円〜5万円ほどキャッシュバックを受けられるのだからバカにはできない。

オススメのポイントサイトは以下の3つ。

ファンくる

メリット
外食費が最大100%還元される外食モニター案件が豊富。
登録するだけで3,000ポイント(300円相当)が獲得できる。
100%還元案件が豊富。
期間限定謝礼UP案件が激アツ。

デメリット
10ポイント=1円で少しわかりづらい。

オススメの使い方
外食が多い人には外食モニターがオススメ。
外食モニターとは、特定のお店に食事に行き、後日レシートの写真と簡単なアンケートに答えると、ポイント還元されるというもの。

通常は30%〜50%程度の還元率だが、期間限定で80%程度まで謝礼がアップされていたり、条件が厳しいプロモニターでは100%還元される。

1回で5,000ポイント程度は獲得できることが多いので、外食が多い人は特に重宝するサイト。

マッサージを受けるだけで大量ポイントが獲得できるEPARKも見逃せない。

現在、自分が一番お世話になっているポイントサイト。

ファンくるの登録はこちら
※ここから登録するだけで3,000ポイント(300円相当)もらえる。

ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

メリット
1万円以上の高還元が多い。
外食や体験型モニター案件が豊富。
タイムセールが激アツ。

デメリット
2ポイント=1円で少しわかりづらい。

オススメの使い方
まだ作っていないクレジットカードやFX口座がタイムセールに掲載されていたらラッキー!
1万円以上の高還元案件がよく掲載されているのでチェックしよう。

自分は、モニター案件をよく使ってる。
マッサージやヨガ、そして外食で、場合によっては100%以上還元される。

外食モニターを行いたい場合は、ファンくるとちょびリッチ、両方を比較してみて、自分の行きたい店が掲載されている方を使おう。

ちょびリッチの登録はこちら
※登録月の月末までに1ポイント以上獲得で500ポイント(250円相当)もらえる。

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

メリット
1ポイント=1円でわかりやすい。
1万円以上の高還元案件が多い。
ハピタス堂書店が7%と高還元率のため読書家には超オススメ。

デメリット
月30,000ポイントまでしか換金ができない。

オススメの使い方
毎週月曜日と木曜日の正午に更新される「みんなdeポイント」で大量ポイントを獲得するのがオススメ。
FX口座を作って2万ポイントやクレジットカードを作って1万ポイント、というような案件がよくある。

また、日々の楽天やYahoo!ショッピング、ヤフオクやLOHACOなどの買い物でも数%獲得できるので、地味ではあるが確実にポイントを貯められる。

ふるさと納税も数%還元されることがあるので要チェック。

ハピタスの登録はこちら
※ここから登録するだけで30ポイントもらえる。

目的を書き出す

スペインへワーホリで行って何をしたいか目的リストを作ろう。

スペイン語が上手くなりたい。
スペイン人の友達が作りたい。
スペインで働きたい。
スペイン料理を覚えたい。
フラメンコを踊りたい。
スペイン人の恋人が欲しい。
ヨーロッパ中を旅したい。

スペインのどこに住むか、何をするか、どんな生活をするか、具体的なイメージをすることで、必要な費用がわかったり、モチベーションも上がってくる。

必需品を用意する

SIMフリーの携帯電話を購入する、あるいは現在利用している携帯電話のSIMロックを解除する。
スーツケースやバックパックを購入する。
最低限VISAとMASTARカードを1枚ずつ作る。
海外のATMでお金を下ろせる銀行口座を作る。
防水のデジカメや一眼レフカメラを買う。

など、いろいろ考えられる。
これは上で書き出した目的によっても変わってくると思う。

また、これらのアイテムをインターネットで購入する場合は、上で紹介したポイントサイトを経由することで節約できる。

まとめ

まだ始まったばかりで情報の少ないスペイン・ワーキングホリデー。
実際に申請してみたらそんなに難しいことはなかった。

案ずるより産むが易し
不安で何もしないよりも、ひとつひとつ不安を解消しながら、とにかく前へ進もう。

少しのスペイン語力とお金と勇気があれば、誰でもスペインワーホリの夢は叶う。(ただし30歳まで)

down

コメントする




人気の記事



ランキング

クリックして応援をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


カンファレンスバナー