オレキゾクドットコム

なぜ無職の自分が世界中を旅できるのか?マイルとポイントサイトとソラチカの裏ワザ

time 2017/09/19

なぜ無職の自分が世界中を旅できるのか?マイルとポイントサイトとソラチカの裏ワザ

仕事を辞めて早数ヶ月。
現在は、日本と海外を行ったり来たりの生活をしている。

こう話すと、ほとんどの人は
「そんなに旅するお金はどうしてるの?」
という反応をする。

説明が面倒なので、だいたいいつもは
「仕事してるときに節約して貯金してたから」
とだけ答えるが、本当はそれだけじゃない。

飛行機に関していてば、本当はほとんど無料で乗っている。
でもそれは、用意周到に準備していたからだ。

そんなうまい話があるはずがない、と思うのも無理はないが、この情報化社会の今日において、情報を制した者がそうでない者とどれだけ差をつけられるかが、これを読んでもらえればわかると思う。
実際に自分はこの方法で、年間216,000マイルを獲得している。

たくさん旅をしたいけどお金がない、という人はこの記事を読み、実践し、ほとんど無料で航空券を手に入れてほしい。

マイルの価値

一般的には1マイル=2円の価値と言われている。
実際にはどの航空会社のマイルか、どの路線に使うか、どのクラスに乗るかによって、1円〜10円程度の価値にまで変化する。

では、実際に特典航空券を手に入れるのにどれくらいのマイルが必要なのか。

まずはANAの国内線。

※Lがローシーズン、Rがレギュラーシーズン、Hがハイシーズン。
※左が片道特典航空券必要マイル数、右が往復特典航空券必要マイル数。

レギュラーシーズンであれば、
東京-沖縄 18,000マイル
大阪-石垣 18,000マイル
東京-石垣 20,000マイル
札幌-沖縄 20,000マイル
で往復特典航空券が手に入る。

これから紹介する方法を実践すれば、毎月18,000マイル、年間216,000マイル貯まるから、毎月沖縄に無料で行くことも可能。

ではANAの国際線はどうか。

※Lがローシーズン、Rがレギュラーシーズン、Hがハイシーズン。
※Yがエコノミークラス、Cがビジネスクラス、Fがファーストクラス。
※国際線は往復特典航空券のみ発行可能。

レギュラーシーズン、エコノミークラスの場合で話をするが、
ハワイ 40,000マイル
北米 50,000マイル
ヨーロッパ 55,000マイル
で往復特典航空券が手に入る。

年間216,000マイルが貯まれば、年に2回ふたりでヨーロッパを往復することが可能。

実際には年に2回も長期旅行をすることは難しいかもしれない。
それなら、ヨーロッパまでビジネスクラスで行くのはどうだろう?
毎年ふたりでハワイやヨーロッパまでビジネスクラスで往復してもまだマイルは余る。

ちなみに、200,000マイルあれば、ファーストクラスで世界一周をすることも可能。
こんなことが可能だって、今まで夢にも思ったことあった?

ここから先に書かれていることをしっかり理解し、実践すれば、誰にでもこの夢のような生活が可能になる。

クレジットカードでマイルは貯まらない!

マイルについての話を友人にすると必ず
「どのクレジットカードを使っているの?」
と聞かれるが、マイルを貯めるだけなら決済に使うクレジットカードはあまり重要ではない

通常、決済額の1%程度のマイルしか貯まらないから、会社の経営者でガンガン決済して、年間数千万円の決済をするような人でなければ、せいぜい年間100万〜200万円程度の決済で、貯まるマイルは10,000〜20,000マイル
沖縄を往復することがギリギリ可能かどうか、というレベルのマイルしか貯まらない。

家族4人でハワイに…なんて言っている間にマイルの有効期限3年が過ぎてしまう。

もちろんクレジットカードでも地道にマイルは貯めるべきだが、それよりも、毎月18,000マイルが確実に貯められる方法があるとしたら、やはりそれを実践することを最優先すべきではないだろうか?

とにかく行動すること

何度もしつこいようだが、ここから先に書かれていることを実践すれば、毎月18,000マイル、年間216,000マイルを貯めることができる
これは、自分が2年近く前から実践しているから自信を持って言える。

だから、とにかく信じて実際に行動をしてほしい。
そうすれば、数ヶ月後には間違いなく特典航空券で旅行をしていることになる。

必要なことは大まかに2つだけ。

  • ポイントサイトでポイントを貯める
  • 高レートでANAマイルに交換できるクレジットカードを準備

具体的にこれから説明する。

ポイントサイトの利用

まずは、マイルを貯めるためにポイントサイトでポイントを貯める必要がある。
でも、広告をたくさんクリックしたり、アンケートに回答したりして、数円程度の小銭を稼ぐのではない

1ヶ月で数万円分のポイントをリスクなしで稼ぐ方法を後ほど紹介する。

ポイントサイトとは

お小遣いサイトなどとも呼ばれることがある。
登録料は無料で、ショッピングなどを利用しない限り利用料もほとんどの場合無料のサービス。

ポイントサイトのポイントは現金化や商品券などにすることも可能だが、旅をしたい人にとって一番おトクなのは、あとで説明する方法を使ってマイルに交換すること。

ポイントサイトはユーザーに広告を利用してもらうことにより広告主より報酬を受けており、その一部(あるいは全額以上と思われることも)をポイントとしてユーザーに還元する仕組みとなっている。

1回の広告利用で数万円分のポイントが還元されるものなどもあるので、その実例を紹介する。

実際にどれくらい簡単に貯まるのか

初心者なら10万円相当のポイントなら1ヶ月で稼げる。
嘘だと思うでしょ?

では、現在実際に利用可能な案件の例を見て欲しい。

こちらはハピタスというポイントサイト。
FX口座を作って一定の取引をするとポイントがもらえる。
1ポイント=1円の価値なので、この2つだけで33,000円分のポイントが獲得できる。

こちらはちょびリッチというポイントサイト。
無料の不動産投資や年会費無料のクレジットカードの申し込みでポイントがもらえる。
2ポイント=1円の価値なので、この3つで47,000円分のポイントが獲得できる。

こちらはファンくるというポイントサイト。
年会費無料の楽天カードを作ると10,000円分のポイントが獲得できる。

こちらはポイントインカムというポイントサイト。
年会費無料の各種クレジットカードの申し込みでポイントがもらえる。
10ポイント=1円の価値なので、この4つで36,800円分のポイントが獲得できる。

ここで紹介したすべての案件をこなせば126,800円分のポイントが獲得できる
ね、本当でしょ?

ただし、クレジットカードの多重申し込みにはリスクが伴うので、1ヶ月に2件程度までの申し込みとし、毎月少しずつ発行することをオススメする。

オススメのポイントサイト

上で紹介した案件をこなしてポイントを獲得するには以下のポイントサイトに会員登録をする必要がある。
メールアドレスの登録をするとときどき案内のメールなどが届くので、それが嫌な場合は、事前にGmailなどで新しいフリーアドレスを作って、そのメールアドレスで登録をしよう

ハピタス

FX口座開設の案件はコンスタントにポイント還元額が高いのでオススメ。
また、2〜4日間限定で開催される「みんなdeポイント」には高額案件が掲載されることが多いので、見逃さないようにしたい。

下のバナーをクリックしてまずは登録しよう。
登録するだけで30ポイント(30円相当)がもらえる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ

今回紹介したマンション投資案件のような超高額案件がたまにアップされる。
また、クレジットカードもコンスタントに高額。
マッサージを受けると施術料金よりも高いポイントが還元されるような案件が掲載されることも。

下のバナーをクリックしてまずは登録しよう。
登録月の月末までに1ポイント以上獲得で500ポイント(250円相当)がプレゼントされる。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ファンくる

クレジットカードの高額な案件をコンスタントに掲載。
また、外食して簡単なアンケートに答えるモニター案件で最大食事代の100%が還元される案件もある。

下のバナーをクリックしてまずは登録しよう。
登録後、1つ以上の案件をこなすと3,000ポイント(300円相当)がプレゼントされる。

ポイントインカム

クレジットカードの高額な案件をコンスタントに掲載。
また、動画サイトなどへの登録で全額かそれ以上のポイントが還元される案件なども多数ある。

下のバナーをクリックしてまずは登録しよう。
登録すると1,000ポイント(100円相当)がプレゼントされる。

ポイントをマイルに交換

次に必要になるのが「ANA To Me CARD PASMO JCB」、通称「ソラチカカード」というクレジットカード。

「やっぱりクレジットカードで決済するんでしょ?」
と思ったかもしれないがそうではない。

このクレジットカードは決済用ではなく、ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでANAマイルに交換するためのルートを作るために必須のクレジットカードになる。
だから、日々の決済をソラチカカードにする必要はない。

通常、ポイントサイトで貯めたポイントは1円相当ポイント=0.5マイルにしか交換できない。
しかし、このソラチカカードを利用した「ソラチカルート」を利用することにより、
1円相当ポイント=0.9マイル
に交換することができる。

そして、このルートの利用上限が月間18,000マイルであることから、毎月18,000マイル年間216,000マイルという数字が出てくる。

わかりやすく図解すると以下のとおり。

まず、ポイントサイトから直接マイルに交換する場合。
1円相当ポイント=0.5マイル

一方、ソラチカルートの場合。
1円相当ポイント=0.9マイル

このソラチカルートを使うには、「経由サイト」と「ソラチカカード」が必要になる。
そして、これにより、簡単に年間216,000マイル貯めることが可能になる。

経由サイトとは

ポイントサイトで貯めたポイントは、まず「経由サイト」を経由してメトロポイントへ交換する。
「経由サイト」は2つ存在する。

ドットマネー

手数料なしでメトロポイントへの交換が可能。
まずは今のうちに下のバナーから登録だけしておこう。

ハピタス、ちょびリッチ、ポイントインカムはドットマネーを経由してメトロポイントに交換しよう。

PeX

こちらは、50円の手数料が必要になるが、メトロポイントへの交換が可能。
まずは今のうちに下のバナーから登録だけしておこう。

ファンくるはドットマネーに対応していないので、PeXを経由してメトロポイントに交換しよう。

ソラチカカードへの申し込み

ここ1年以上、ソラチカカードへの申し込みがポイントサイトに掲載されたことはない。
よって、通常の公式キャンペーンサイトから申し込むことになる。

ただし、これから紹介する「マイ友プログラム」は併用が可能で、通常のキャンペーンの入会マイルに加えて、500マイルを追加で獲得することができる。

「マイ友プログラム」注意事項

  • ANAのクレジットカードを既に持っている人は対象外
  • 事後登録はできない

「マイ友プログラム」登録手順

1.マイ友プログラムに登録
マイ友プログラムに登録する
にアクセスし、オレンジ色の「登録用ページ」をクリックする。

2.紹介者情報と申込者情報を入力
紹介者情報の
紹介者氏名の姓に「シバタ」、名に「レイ」、
紹介番号に「00005025」を入力。

申込者情報に「あなたの名前」と「生年月日」を入力。

3.公式サイトからカードの申し込み
ソラチカカードの申し込みはこちら

これだけで、通常のキャンペーンで獲得できるマイルに加えて500マイル多く獲得できる。

※マイ友プログラムの詳細はこちら

ソラチカ以外のANAカードにも適用可

ちなみに「マイ友プログラム」はソラチカカード限定ではなく、ANAの各種クレジットカード入会の際にも利用できる。

「マイ友プログラム」対象カード一覧はこちら

最大で5,500マイルを追加で獲得できる。

まだANAカードを持っていなくて、ANAワイドカードやANAゴールドカードを作ろうとしている場合も、このキャンペーンを利用して、より多くのマイルを獲得しよう。

ソラチカルートでマイルへ交換

ソラチカカードが手元に届いたら、To Me CARD会員専用サイトにアクセスする。

ログイン画面が開いたら、「お客様番号」と「確認番号」を入力し、ログインする。

メトロポイント移行申請」をクリックし、「ANAマイレージクラブ」を選択し、移行ポイントを入力する。
このとき、月間20,000ポイントが上限なので、20,000ポイントと入力し、申請する。

翌月には18,000マイルがANAの口座に移行される。

これを毎月行うと年間216,000マイルを貯めることが可能になる。
毎月11日頃に移行手続きを終えると、翌月の3~10日には、ANAのサイトで加算が確認できるので、毎月スケジュールに入れておこう。

最初は難しく感じるかもしれないが、毎月行っていると簡単に感じるようになる。
わからなくなったら、このページに戻ってきて確認してほしい。

216,000マイルでできること

たとえば特典航空券で、
毎月東京-沖縄を往復
年に1回ずつふたりでエコノミークラスでハワイとヨーロッパを往復
年に1回ふたりでビジネスクラスでハワイかヨーロッパを往復
年に1回ファーストクラスで世界一周
などが可能。

さらに、特典航空券としてだけではなく、マイルをスカイコインというANAで利用できる電子マネーに交換することもできる。

ANAのゴールドカードを持っている場合、1マイル=1.6スカイコインに交換できるので、年間345,600スカイコインを貯めることも可能。
これは、航空券の購入だけではなく、旅作などのパックツアーにも利用できるので、ホテル代の支払いに充てることも可能

年1回家族4人で豪華な国内旅行、というのもいいかもしれない。

まとめ

手順をもう一度まとめる。

今日行うことは以下の3点。
1.各種ポイントサイトへ登録する
2.ソラチカカードに申し込む
3.経由サイトへ登録する

さらに、毎月のルーティーンは以下のとおり。
1.毎月2万ポイント以上を獲得する
2.各種ポイントサイトのポイントを経由サイトを経由しメトロポイントへ移行する
3.毎月11日頃、ソラチカルートを利用してメトロポイントをANAマイルに移行する
4.毎月3日〜10日頃、ANAマイルが加算される(作業不要)

まずは、今すぐポイントサイトに登録して、いくつかの高額案件をこなそう。
そうすれば、本当にポイントが簡単に貯まることが実感できるはずだ。

あとは、その勢いで毎月コンスタントにポイントを貯めていけば、気づいたときには年間216,000マイルが貯まるようになっている。

関連記事:タイより安く日本でマッサージを受けられるって知ってた?EPARKリラク&エステとは?
関連記事:友人と二人で外食したら3,546マイルもらえたよ。ファンくるグルメモニターとは?

down

コメントする




人気の記事



ランキング

クリックして応援をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


カンファレンスバナー