【ANAマイルの貯め方】2020年はANA TOKYUルート!これならビジネスクラスにも気軽に乗れる

ANA TOKYUルート ポイント

ANAのマイルを貯めておトクに飛行機に乗りたいけど、なかなか貯まらなくてまた有効期限が切れちゃいそう…。

いつかマイルをたくさん貯めて家族で海外旅行へ行ったり、憧れのビジネスクラスに乗ってみたいな。

こんなあなたに向けて書いた記事です。

あなたは今、年間どれくらいのマイルを貯められていますか?

クレジットカードの利用で1万マイル?2万マイル?

マイルがあまり貯まらず有効期限がきて、結局、マイルを失効させてしまった!なんてことはありませんか?

この記事では、陸マイラーとして3年ほどマイルを貯め、現在はノマドとして世界中を飛び回っている筆者が、ANAマイルを上手に獲得する方法をご紹介します。

なぜあなたはマイルが貯められないのか

「マイルを貯める」と聞くと、ほとんどの人は

  • 飛行機に乗って貯める
  • クレジットカードを利用して貯める

という方法を思いつくと思います。

でも、この方法では、一部のお金持ちや海外出張の多い幹部クラスの人を除いて、家族で旅行ができるほどのマイルは貯まりません。

一般的なクレジットカードで獲得できるマイルは100円利用で1マイル。

年間100万円使っても1万マイルしか貯まりません。

また、一般的な人であれば、1年間に飛行機に乗る回数はせいぜい2〜3往復ではないでしょうか。

格安エコノミークラスで「東京〜パリ」を往復しても3,700マイル、「東京〜大阪」往復で400マイル、「東京〜那覇」往復で1,400マイル程度です。

これでは、頑張っても年間1〜2万マイル、ANAのマイルの有効期限は3年ですので、その期間に貯まるマイルは3〜6万マイル。

例えば、みんな大好きハワイの往復特典航空券の場合、レギュラーシーズンのエコノミークラスで4万マイル必要ですので、なんとかひとりでハワイに行けるかもしれません。

一方、レギュラーシーズンのビジネスクラスは6.5万マイルですので、ひとりでもビジネスクラスの航空券を取るのは難しそうです。

ですが、「ポイントサイト」を利用してポイントを貯めて、そのポイントをここで紹介する方法でマイルに交換することにより、年間数十万マイル貯めることも夢ではありません。

これなら、家族でビジネスクラスでハワイやヨーロッパに行くことも可能です。

ANA TOKYUルートでマイルを大量獲得

世の中には「陸マイラー」と呼ばれる、飛行機に乗る以外の方法でマイルを貯めている人たちがいます。

筆者も、そのひとりです。

実際に、ANAマイルを筆頭に、数十万マイル保有しています。

保有ANAマイル スクリーンショット

ANAマイルをいちばん手っ取り早く、かつカンタンに手に入れる方法は、「ポイントサイト」を利用するものです。

そのポイントサイトで貯めたポイントは、通常1,000円相当ポイント=500マイルで交換することが可能ですが、これからご紹介する方法を利用して、一手間加えることによって、1,000円相当ポイント=750マイルで交換することが可能になります。

ANA TOKYUルートと通常ルートの比較

このように、

  • ポイントサイトで大量のポイントを獲得する
  • ANA TOKYUルートを利用して高交換率でマイルに交換する

ことにより、大量のANAマイルを獲得することが可能です。

ポイントサイトをまだ利用したことのないあなたには「すぐたま」と「ちょびリッチ」をオススメします。

ポイントサイトの利用がはじめての方であれば、登録初日から数万円相当のポイントを稼ぐことも可能です。

ANA TOKYUルートの利用手順

ANA TOKYUルート

ANA TOKYUルートの利用手順は3つです。

ANA TOKYUルートの利用手順
  • 各ポイントサイトのポイントをドットマネーに移行
  • ドットマネーのポイントをTOKYUポイントに移行
  • TOKYUポイントをANAマイルに移行

それぞれ順を追って解説します。

1.各ポイントサイトのポイントをドットマネーに移行

ANA TOKYUルート ステップ1

「すぐたま」や「ちょびリッチ」などのポイントサイトから「ドットマネー」にポイントを移行します。

「ドットマネー」へポイントを移行できるポイントサイトは他にもありますが、すべてのポイントサイトが対応しているわけではありません。

また、ポイントサイトによって、ドットマネーへの交換にかかる期間が異なりますが、筆者がオススメしている「すぐたま 」や「ちょびリッチ」から「ドットマネー」へのポイント交換は、即時反映されますので安心です。

各ポイントサイトから「ドットマネー」へのポイント移行は等価でできます。

2.ドットマネーのポイントをTOKYUポイントに移行

ANA TOKYUルート ステップ2

「ドットマネー」から「TOKYUポイント」へポイントを移行します。

こちらもポイントは等価交換できます。

ポイント移行には2週間程度の時間がかかります。

3.TOKYUポイントをANAマイルに移行

ANA TOKYUルート ステップ3

「TOKYUポイント」を「ANAマイル」に移行します。

ここでの交換率は75%になりますので、TOKYUポイントを1,000ポイント移行した場合、750ANAマイルになります。

ポイント移行には1週間程度の時間がかかります。

ANA TOKYUルートを利用するための事前準備

ANA TOKYUルートを利用するには、事前に準備するべきものがあります。

  • 各ポイントサイト(すぐたまかちょびリッチがオススメ)
  • ドットマネー
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

まだ、どのポイントサイトに登録していない場合は、こちらの記事を参考に「すぐたま」や「ちょびリッチ」に登録してポイントを獲得してください。

稼いだポイントはマイルに交換する以外に、現金やギフト券に交換することも可能です。

次に、「ドットマネー」のアカウントを作ってください。

最後に、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」というクレジットカードを発行してください。

とても人気のクレジットカードのため、残念ながら、今のところポイントサイトを経由して発行することによるポイント獲得は、どのサイトからもできない状況ですので、公式サイトから申し込みをしてください。

なお、このクレジットカードの年会費は2,000円+税ですが、初年度は年会費が無料な上にボーナスマイルを1,000ANAマイルもらえます。

また、「マイ・ペイすリボをお申し込み+1年に1回以上利用」で年会費が751円+税になる上に、毎年、継続ボーナスマイルを1,000ANAマイルもらえますので、仮にここで紹介したANA TOKYUルートを利用しなくても、このカードを持っていて損はありません。

ANA TOKYUルート注意点

注意

ANA TOKYUルートは、2020年、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するのにいちばんおトクなルートになりますが、以下の点に注意してください。

ANA TOKYUルート注意点
  • 毎月の移行上限が100,000マネー
  • ポイントをANAマイルに移行するのに1ヶ月弱かかる

移行上限に関しては、ドットマネーからTOKYUポイントへの移行が、月間100,000マネーとなっています。

ほとんどの人にとっては問題のない上限額だと思いますが、ポイントサイトやドットマネーにポイントをたくさん貯めていて、いざ、長距離のビジネスクラスなどを家族分発行したいときに「ANAマイルが足りない!移行できない!」とならないように注意してください。

また、それぞれのポイント移行に多少時間がかかり、移行に合計で2週間〜1ヶ月程度かかります。

マイルでの旅行は、余裕を持って計画するようにしてください。

マイル旅行は超おトク!

貯金箱

エコノミークラスで飛行機に乗る場合は、正直、特にマイルを貯める必要はないと思います。

ポイントサイトで貯めたポイントを、そのまま現金にして、航空券を買ってもいいと思います。

ただ、マイルを使ったビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券は、かなりおトクです。

例えば、「東京〜デリー」のANAビジネスクラスの往復チケットは2020年2月の最安値で50万円以上です。

一方、ANAビジネスクラス特典航空券の往復チケットの場合は6万マイル+諸税で手に入れることができます。

今回紹介したANA TOKYUルートを使って、ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換した場合、8万円相当ポイントをマイルに交換すれば6万マイルを手に入れることができます。

つまり、マイルを使えば、84%オフ

あるいは、40万円以上の節約

と言えます。

ちなみに、同じく「東京〜デリー」のANAエコノミークラスの往復チケットは2020年2月の最安値で9万円以上です。

つまり、マイルを使えば、有償のエコノミークラスのチケットとほぼ同額でビジネスクラスに乗れてしまう、ということですね。

筆者は、「ポイ活」や「陸マイラー」活動をはじめる前は、ビジネスクラスなんて夢のまた夢と思っていました。

しかし、ポイントサイトとマイルを有効活用すれば、筆者のような一般人でも、気軽にビジネスクラスが利用できるようになります。

ポイントサイトをまだ利用したことのないあなたには「すぐたま」と「ちょびリッチ」をオススメします。

登録初日から数万円分のポイントを稼ぐことも可能です。

まずはこれらのポイントサイトに登録して、ポイントを獲得するところからスタートしましょう。

あ、「すぐたま 」で貯めたポイントは、5,000円相当ポイント〜を品川プリンスホテルなどのプリンスホテルの宿泊券に交換することもできるので、ポイントサイトでポイントを貯めると、マイル以外にも楽しい使い道がまだまだたくさんありますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました