アラスカ航空のマイレージプランの特典航空券 JALやキャセイのおトクなルート8選

アラスカ航空特典航空券アイキャッチ画像 マイル

アラスカ航空のマイルを使うとおトクにファーストクラスやビジネスクラスに乗れると聞いたんだけど、どんなルートで使えるのかしら。

また、アラスカ航空のマイルを貯める方法も知りたいな。

こんな疑問にお答えする記事です。

アラスカ航空は、日本ではあまり聞きなじみのない航空会社ですが、マイレージプログラムはかなり優秀です。

特にJALやキャセイパシフィックのファーストクラスやビジネスクラスの片道特典航空券の利用で絶大な威力を発揮します。

筆者も人生で初めてのビジネスクラスはアラスカ航空のマイルを使ってのJAL便でした。

この記事では、まず、アラスカ航空のマイルをおトクに利用できるルートをご紹介して、その後、マイルの貯め方についてご説明します。

アラスカ航空のマイルを利用したおトクなルート8選

日本航空(JAL)

JAL

アジア〜日本〜アメリカ 片道ファーストクラス 70,000マイル

JALのファーストクラスはそのクオリティーの高さで有名です。

現在、残念ながらアジア内ではファーストクラスの設定がないため、「アジア〜東京」間はビジネスクラスにダウングレードされてしまいますが、「東京〜アメリカ」間のファーストクラスが片道70,000マイルで取れるのはかなりおトクです。

また、東京でのストップオーバーも可能なので、実質片道ビジネス1枚と片道ファースト1枚のようなものですね。

アジアの部分は、なぜかソウルやデリー発着の場合は70,000マイルなのですが、バンコクやシンガポールなどの東南アジア発着だと75,000マイルと少しマイル数が増えてしまいます。

距離とマイル数を考えるとデリーを利用するのが断然おトクですね。

サンプルルート:
東京〜ニューヨーク ファーストクラス
デリー〜東京〜サンフランシスコ ビジネスクラス/ファーストクラス
片道エコノミークラス 35,000マイル
片道ビジネスクラス 60,000マイル
東南アジア発着の場合は+5,000マイル

日本〜アジア 片道ビジネスクラス 25,000マイル

日本発着便は使い勝手がよく、片道ビジネスクラスが25,000マイルとお手頃マイルで発券できるのが魅力です。

残念ながらファーストクラスの設定はありません。

なるべく長距離を楽しみたい場合は、やはりデリーがオススメですが、東京以外にお住まいの場合は、大阪発バンコク行きなども便利かもしれません。

筆者の初ビジネスクラスはJALの「シンガポール〜東京」でした。

調子に乗ってインスタにも写真をアップしたので載せておきますね。笑

@orekizoku shared a photo on Instagram: “Breakfast before landing. 到着前の朝食。 ヨガマット持って乗り込んだらCAさんとヨガ話で盛り上がった。笑 #b777 #b777200 #boing777 #businessclass #jal #japanairlines #breakfast…” • Sep 7, 2019 at 3:19am UTC
349 Likes, 8 Comments - REI Ray 🇯🇵 (@orekizoku) on Instagram: “Breakfast before landing. 到着前の朝食。 ヨガマット持って乗り込んだらCAさんとヨガ話で盛り上がった。笑 #b777 #b777200 #boing777…”
サンプルルート:
東京〜デリー
大阪〜バンコク
片道エコノミークラス 15,000マイル

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空の特典航空券は、アラスカ航空のサイトからは予約や空席確認ができず、カスタマーセンターに電話する必要があるのが難点ですが、利用用途はJALよりも広く、さらにおトクです。

日本〜アジア 片道ファーストクラス 27,500マイル

ファーストクラスを手軽に体験するのにオススメのルートです。

キャセイパシフィック航空は、近年、アジアのファーストクラス路線を減らしていて、現在は東京と北京にのみ就航しています。

いつなくなってしまうかわからないので、興味のある方はなるべく早く発券した方がいいかもしれませんね。

香港のキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジを体験するのにもよさそうです。

短距離路線ではアメニティなどはほとんど提供されないようなのが残念な点ですね。

サンプルルート:
東京〜香港〜北京
片道エコノミークラス 12,500マイル
片道プレミアムエコノミークラス 15,000マイル
片道ビジネスクラス 22,500マイル

アジア〜香港〜アメリカ 片道ファーストクラス 70,000マイル

アラスカ航空のマイルを利用しての発券でいちばんおトクでテンションが上がるのは、このルートかもしれません。

キャセイパシフィック航空のファーストクラスの評判がすごくいい上に、香港のファーストクラスラウンジは一度は利用してみたい憧れのラウンジですね。

先日、香港のキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジは利用しましたが、かなりクオリティーが高かったので、いつかファーストクラスラウンジも利用してみたいものです。

ファーストクラスラウンジでは、20分のマッサージも無料で受けられるとか。

サンプルルート:
東京〜香港〜ニューヨーク
北京〜香港〜ボストン
片道エコノミークラス 30,000マイル
片道プレミアムエコノミークラス 35,000マイル
片道ビジネスクラス 50,000マイル

アメリカ〜香港〜南アフリカ 片道ファーストクラス 70,000マイル

実は「アメリカ〜香港〜アジア」と同じマイル数で「アメリカ〜香港〜南アフリカ」の特典航空券も取れてしまうんです。

これはかなりおトクですよね?

とはいえ、キャセイパシフィック航空は「香港〜南アフリカ」間にファーストクラスを設定していないのでビジネスクラスにダウングレードされ、「アメリカ〜香港」間のみがファーストクラスになってしまうのが残念ですが。

香港でストップオーバーして2つの旅行に分けることをオススメします。

サンプルルート:
ロサンゼルス〜香港〜ヨハネスブルグ
シカゴ〜香港〜ケープタウン
片道エコノミークラス 50,000マイル
片道プレミアムエコノミークラス 55,000マイル
片道ビジネスクラス 62,500マイル

アメリカ〜香港〜オーストラリア/ニュージーランド 片道ファーストクラス 80,000マイル

南アフリカと比較すると少し見劣りしますが、こちらのルートもなかなかおトクです。

「香港〜オーストラリアまたはニュージーランド」にはファーストクラスの設定がないため、この部分はビジネスクラスにダウングレードされてしまいます。

香港でストップオーバーして2つの旅行に分けることをオススメします。

サンプルルート:
ニューヨーク〜香港〜シドニー
サンフランシスコ〜香港〜オークランド
片道エコノミークラス 40,000マイル
片道プレミアムエコノミークラス 47,500マイル
片道ビジネスクラス 60,000マイル

ニューヨーク〜バンクーバー 片道ファーストクラス 35,000マイル

キャセイパシフィック航空には、香港を出発してバンクーバー経由でニューヨークへ行く便があります。

この「ニューヨーク〜バンクーバー」間のみ片道ファーストクラスを35,000マイルで取ることができます。

この便を取りたい人が多いとはあまり思えないので、空席は多いかもしれませんね。

フライト時間は6時間ほどです。

サンプルルート:
ニューヨーク〜香港〜シドニー
サンフランシスコ〜香港〜オークランド
片道エコノミークラス 17,500マイル
片道プレミアムエコノミークラス 20,000マイル
片道ビジネスクラス 25,000マイル

カンタス航空

カンタス航空

オーストラリア〜アメリカ 片道ファーストクラス 70,000マイル

香港でストップオーバーしないのであれば、カンタス航空の直行便の方がいいですよね。

ただ、残念ながらファーストクラスはかなり取りづらいようです。

ビジネスクラスもキャセイパシフィック航空よりもおトクに取れるので、ビジネスクラスの方が現実的かもしれません。

サンプルルート:
ロサンゼルス〜メルボルン
ダラス〜シドニー
片道エコノミークラス 42,500マイル
片道プレミアムエコノミークラス 47,500マイル
片道ビジネスクラス 55,000マイル

エミレーツ航空

エミレーツ航空

アジア~ドバイ~アメリカ 片道ビジネスクラス 105,000マイル

今まで見てきたルートと比べると

「ビジネスクラスなのに10万マイル越え?」

とあまり魅力的に見えないかもしれません。

でも、エミレーツ航空のA380のビジネスクラスに乗れるんだったら十分に価値があると思います。

筆者はお酒をほとんど飲まないのですが、機内にあるファースト・ビジネスクラス専用のラウンジバーは憧れです。

素敵な出会いもあるかもしれませんね。笑

アメリカに行くのにはかなり遠回りになってしまうので、ドバイでストップオーバーして2つの旅行に分けることをオススメします。

サンプルルート:
大阪〜ドバイ〜ニューヨーク
香港〜ドバイ〜ロサンゼルス
片道エコノミークラス 52,500マイル
片道ファーストクラス 180,000マイル

アラスカ航空マイレージプランの発券ルール

空席の確認方法および予約方法

基本的にはアラスカ航空のサイトから空席の確認および予約をすることができます。

ただし、キャセイパシフィック航空の特典航空券に関しては、空席の確認も予約もアラスカ航空のサイトからはできないため、ブリティッシュ・エアウェイズのサイトでおおよその空席状況を確認してから、アラスカ航空に電話する必要があります。

ブリティッシュ・エアウェイズで特典航空券の検索をするには、アカウント登録が必要です。

アラスカ航空への電話はアメリカの電話番号になるため、スカイプなどを利用すると電話代が節約できます。

また、基本は英語かスペイン語での対応ですが、日本語の通訳もお願いすると可能なようです。

アラスカ航空・カスタマーセンター(24時間受付)
電話番号:+1-800-252-7522

片道発券およびストップオーバー可能

アラスカ航空の特典航空券の便利なところは、片道発券およびストップオーバーが可能なことです。

例えば、ANAの特典航空券は片道発券ができないため、

「往路は席が取れたけど復路がキャンセル待ちで結局取れなかった…」

ということが起こりがちで、なかなかマイルが利用できません。

アラスカ航空では片道で発券できるので、往路はファーストクラスでぜいたくに、復路はLCCで安く、というような使い方も可能です。

また、同一エリア内でのストップオーバーはできなくなってしまいましたが、引き続きエリアをまたぐストップオーバーは可能です。

「東京〜香港〜北京」のルートで香港でのストップオーバーは不可。
「デリー〜東京〜ニューヨーク」のルートで東京でのストップオーバーは可能。

これにより、片道航空券1回分のマイルで2回分のチケットのように使うことが可能です。

「デリー〜東京」を利用して東京でストップオーバーし、2ヶ月後に「東京〜ニューヨーク」を利用するような使い方が片道航空券1回分のマイルで可能。

これをうまく利用すると、かなりおトクに特典航空券が利用できます。

片道航空券の場合は1回、往復航空券の場合は2回までストップオーバーが可能です。

複数の航空会社の組み合わせは不可

特典航空券を発行する際に、複数の航空会社を組み合わせることはできません。

例えば「東京〜香港〜北京」の特典航空券を取りたいとして、「東京〜香港」をJAL、「香港〜北京」をキャセイパシフィック航空で取る、ということはできません。

この例だと、すべてキャセイパシフィック航空を利用する必要があります。

手数料などは安め

ブリティッシュエアウェイズ、海南航空、アイスランドエアーを除いた航空会社の特典航空券の発行にはサーチャージがかかりません。

アラスカ航空が徴収する手数料は片道特典航空券につき12.50米ドル(往復は25米ドル)のみです。

その他、別途、国などが徴収する税金などがかかります。

唯一残念なのが、変更・キャンセル手数料は125米ドルもかかることです。

しっかり計画を立てて、変更やキャンセルしないようにしましょう。

アラスカ航空のマイルの貯め方

貯金箱

乗って貯める

正攻法ですが、飛行機に乗ってマイルを貯めます。

アラスカ航空はどのアライアンスにも加盟していませんが、さまざまな航空会社とアライアンスを超えて提携しているため、アラスカ航空および以下の航空会社のフライトを利用するとマイルを貯めることが可能です。

エアリンガス
アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空
コンドル航空
エミレーツ航空
フィジー航空
フィンエアー
海南航空
アイスランド航空
日本航空
大韓航空
LATAM チリ
ペンエーア
カンタス航空
レイヴンアラスカ
シンガポール航空

アラスカ航空の公式サイトからセール時に購入する

アラスカ航空は年に数回マイルのセールを行っています。

通常、1,000マイル=27.50米ドルで購入可能なのですが、現在は2019年12月23日まで40%ボーナスのセールを行っています。

おそらく過去最大のセールは50%ボーナスだと思いますので、悪くないセールです。

今回のセール内容は以下のとおりです。

10,000〜19,000マイルの購入で20%ボーナス
20,000〜29,000マイルの購入で30%ボーナス
30,000〜60,000マイルの購入で40%ボーナス

1米ドル=110円で計算した場合、それぞれのマイル単価は以下のようになります。

購入マイル数 ボーナス マイル単価
1,000〜9,000マイル 0% 3.03円
10,000〜19,000マイル 20% 2.52円
20,000〜29,000マイル 30% 2.33円
30,000〜60,000マイル 40% 2.16円

JALの「東京〜デリー」片道特典航空券が58,250円+手数料6,000円ほどで購入できると考えたら悪くないですね。

アラスカ航空の公式サイトからログインして購入してください。

マリオットボンヴォイのポイントを移行する

アラスカ航空のマイルのセールは不定期で、かつ、アラスカ航空はマイレージプログラムを突然改悪することで悪名高いので、不必要なタイミングでのマイルの購入はできる限り避けたいと筆者は考えています。

そこで、より柔軟にいつでもアラスカ航空にマイルが移行できる、マリオットボンヴォイのポイントが重宝しています。

ポイント期限が無期限なのもいいですね。

マリオットポイントは3ポイント=1マイルで交換することが可能です。

また、60,000ポイント交換ごとに5,000マイルのボーナスを受け取ることができます。

60,000マリオットポイント=25,000アラスカ航空マイル

25,000マイルあればJALかキャセイパシフィック航空で、アジア片道ビジネスクラスを発行できますね。

SPGアメックスカードというクレジットカードを紹介キャンペーンを利用して発行すれば、すぐにこれくらいのポイントは貯まります。

SPGアメックスカードについてはこちらの記事をご参考ください。

SPGアメックスのことはもう知っているから紹介だけして!
という方は以下のフォームからリクエストをお送りください。
即時、入会用URLをお送りいたします。

まだまだおトクです

以前は、「アジア~東京~アジア」のJALビジネスクラス特典航空券が25,000マイルで発行でき、かつ東京でストップオーバーができるという超優良システムだったのですが、現在は同一地域内でのストップオーバーができなくなってしまいました。

これにより、アラスカ航空のマイルはもう使えない、と考えている人もいるかもしれませんが、正直、まだまだ利用価値大です。

特に、キャセイパシフィック航空とJALでの利用がかなりおトクなので、日本人にはオススメのマイレージプログラムですね。

ANAやJALのマイル修行でクアラルンプールからなどの海外発券をする場合のスタートにも利用しやすいですね。

SPGアメックスカードに入会して、マリオットプラチナチャレンジを行って、貯まったポイントをアラスカ航空のマイルに交換したら、ビジネスクラスのチケットがタダで手に入りますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました