【格安2,500円〜】東京から宮崎へ安く行く方法は飛行機か新幹線かバスか

トラベル

宮崎と言えば年間を通しての温暖な気候、日本中のサーファーが集まるサーフィンスポットの数々、日本の滝百選に選ばれている高千穂峡の真名井の滝、チキン南蛮や完熟マンゴーなどの食事などなど……。さまざまな魅力に溢れた土地です。

しかし、東京からは距離もあるため、「一度は行ってみたいけどお金がかかりそう……」と思って敬遠している方もいるのではないでしょうか?

筆者は旅行が大好きで、世界40カ国を周りましたが、実はまだ宮崎へ行ったことがありません。それは「日本は移動費が高いし国内旅行は物価の安いアジアなどの海外旅行よりお金がかかる」と考えていたからです。

コロナ禍で海外旅行ができないこともあり、国内旅行へも興味が沸き、また、サーフィンをはじめたことで宮崎に興味を持つことになったため、「どうしたら格安で宮崎に行けるか」を調べ尽くしました。

そこでこの記事では、自信を持って「日本一安い」と言える、東京から宮崎へ格安で行く方法をご紹介します。

筆者
筆者

先に結論から言うとオフシーズンなら飛行機で片道2,500円で東京から宮崎へ行けてしまいます。ハイシーズンでも片道4,500円です。

LCCではないので預け荷物も座席指定も機内での飲み物も全部コミコミです!

筆者はこれを利用して東京と宮崎を行ったり来たりする「多拠点生活」を計画しています。

早速この方法を実践して、明日から宮崎へ行ってきます!

東京から宮崎への4つの移動方法〜移動時間と料金の目安〜

東京から宮崎への直線距離は872kmです。ただし、車で移動する場合の走行距離は1,313kmにもなります。

東京から宮崎への移動方法は、

  • 飛行機
  • 新幹線
  • 高速バス
  • フェリー

上記4つの方法が考えられます。

ここでは、これら4つの移動時間と料金の目安をご紹介します。

東京から宮崎への行き方1:飛行機

東京から宮崎へ飛行機で移動する場合、飛行時間は1時間30分〜2時間程度です。ほかの3つの方法と比較して一番早く移動することができます。

宮崎空港は宮崎駅から10分ほどしか離れていないため、中心部からのアクセスがよく、搭乗手続きの時間などを含めても2時間30分程度で移動できます。

羽田空港から宮崎空港へはANA・JAL・ソラシドエアの3社が、成田空港から宮崎空港へはJetstarとPeachの2社が運航しています。

ANA(羽田空港⇔宮崎空港)

東京から宮崎へのANAの始発便は6時40分、最終便は19時15分です。運航便数は11便ですが、そのうち6便はソラシドエアとの共同運行(コードシェア)です。

ANAの東京から宮崎への正規の普通運賃は片道40,000円以上しますが、早割を利用すると12,000円程度から、セールを利用すると8,000円程度から購入可能です。

記事執筆時(2021年6月30日)のコロナ禍の現在は、ソラシドエアとのコードシェア便を除くと1日1便しか運航していません。

JAL(羽田空港⇔宮崎空港)

東京から宮崎へのJALの始発便は8時、最終便は19時10分です。運航便数は6便です。

JALの東京から宮崎への正規の普通運賃は片道40,000円以上しますが、早割を利用すると12,000円程度から購入可能です。

記事執筆時(2021年6月30日)のコロナ禍の現在は、1日3便しか運航していません。

ソラシドエア(羽田空港⇔宮崎空港)

東京から宮崎へのソラシドエアの始発便は6時40分、最終便は19時15分です。運航便数は6便ですが、そのすべてがANAとの共同運行(コードシェア)です。

ソラシドエアの東京から宮崎への正規の普通運賃は片道30,000円以上しますが、早割を利用すると10,000円程度から、セールを利用すると8,000円程度から購入可能です。

ANAやJALと比べて料金は少し安くなりますが、ソラシドエアはフルサービスキャリアのため、預け荷物や座席指定、機内での飲み物などもすべて無料です。また、ANAとコードシェアシェアしているということは、東京から宮崎へのチケットをANAで買うとソラシドエアの運航便である場合があるということなので、ANAと同程度のサービスを提供していると言えるのではないでしょうか。

実は、このあとご紹介する方法を利用することで、東京から宮崎のソラシドエアの飛行機に片道2,500円から乗ることができます

Jetstar(成田空港⇔宮崎空港)

東京から宮崎へのJetstar(ジェットスター)の運航便数は1便で、出発時刻は13:00です。

Jetstarの東京から宮崎への正規の普通運賃は片道30,000円以上しますが、セールを利用すると4,000円程度から購入可能です。

JetstarはLCC(ローコストキャリア:格安航空会社)のため、預け荷物や機内での飲み物は有料で、手荷物7kgまでが料金に含まれています。

また、東京の空港が羽田空港ではなく成田空港になります。そのため、東京都心からの移動時間が余計にかかることに注意してください。

Peach(成田空港⇔宮崎空港)

東京から宮崎へのPeach(ピーチ)の運航便数は1便で、出発時刻は13:15です。

Peachの東京から宮崎への正規の普通運賃は片道30,000円以上しますが、セールを利用すると4,000円程度から購入可能です。

PeachはLCC(ローコストキャリア:格安航空会社)のため、預け荷物や機内での飲み物は有料で、手荷物7kgまでが料金に含まれています。

また、東京の空港が羽田空港ではなく成田空港になります。そのため、東京都心からの移動時間が余計にかかることに注意してください。

東京から宮崎への行き方2:新幹線

東京から宮崎へ直行の新幹線はありません。そのため、東京から宮崎へ新幹線で行く場合は、鹿児島中央駅か大分駅で乗り換える必要があります。

鹿児島中央で乗り換える場合は、新幹線での所要時間は乗り換えも含めて約9時間で、料金は33,510円です。

一方、大分駅で乗り換える場合は、新幹線での所要時間は乗り換えも含めて約10時間で、料金は28,240円です。

新幹線には、走行距離が601㎞以上の場合は往復割引があるので、往復で購入すると片道料金が1,000円ちょっと安くなります。

飛行機と比較した場合、所要時間にも料金にも新幹線を利用するメリットはないので、「どうしても飛行機に乗りたくない」という場合を除くと利用する機会はないでしょう。

東京から宮崎への行き方3:高速バス

東京から宮崎へ直行の高速バスはありません。そのため、東京から宮崎へ高速バスで行く場合は、博多で乗り換える必要があります。

東京から博多への高速バスの所要時間は約13時間で、料金は10,000円〜15,000円程度です。

博多から宮崎への高速バスの所要時間は約5時間で、料金は4,000円〜5,000円程度です。

東京から宮崎への高速バスでの所要時間は、乗り換え時間を含めると約19時間で、料金は14,000円〜20,000円程度です。

飛行機と比較した場合、所要時間にも料金にも高速バスを利用するメリットはないでしょう。

東京から宮崎への行き方4:フェリー

東京から宮崎へ直行のフェリーはありません。そのため、東京から徳島を経由して北九州へフェリーで行き、そこから陸路で宮崎へ行く必要があります。

東京から北九州へのフェリーの所要時間は約33時間で、料金は18,490円(2等洋室)です。個室を希望の場合は、別途追加料金が必要です。

北九州(門司)から宮崎への電車での所要時間は約5時間30分〜6時間30分、料金は6,210円〜8,370円です。

東京から宮崎へのフェリーと電車での所要時間は、乗り換え時間を含めると約40時間で、料金は25,000円程度からです。

飛行機と比較した場合、バイクや車を東京から運びたい場合を除いて、所要時間にも料金にもフェリーを利用するメリットはないでしょう。

85%OFF?!東京から宮崎へ安く行く方法

結論から言うと、東京から宮崎へ安く行く方法は「ソラシドエアのマイルを使用する」です。

でも、ソラシドエアのマイルなんて持ってないよ。

というあなたも大丈夫。実は、ソラシドエアに乗らなくても簡単にマイルを貯める方法があります。

答えを言うと、

  1. ポイントサイトでポイントを貯める
  2. (経由する)
  3. Vポイントに交換する
  4. ソラシドエアのマイルに交換する

以上です。

ハピタス」や「モッピー」などのポイントサイトでポイントを貯めることを「ポイ活」と言い、副業人気に伴い、最近密かなブームになりつつあります。

初心者がポイントサイトでポイントを貯めて、ソラシドエアに交換するまでの方法を徹底的にわかりやすく解説した記事が「ソラシドエアマイルの使い方と貯め方【決定版】」です。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

っていうかポイントサイトって何?

というあなたには、ポイ活で大人気の2大ポイントサイトをご紹介している「ハピタスの使い方がわからない?ポイ活初心者向け徹底ガイド」と「【完全版】モッピーの稼ぎ方」を参考にしてください。

\ 入会+条件達成で1000pt /

\ 入会+条件達成で2000pt /

東京から宮崎へ飛行機で格安2,500円〜

ソラシドエアの特典航空券を発券するために必要なマイル数はシーズンによって異なります。

東京から宮崎への片道特典航空券に必要マイル数は下の表のとおりです。

ハイシーズンレギュラーシーズンローシーズン
9,000マイル7,000マイル5,000マイル

ソラシドエアの5,000マイルは、ポイントサイトのポイント2,500円分を移行することで手に入れられるので、ローシーズンであれば片道2,500円で東京から宮崎へ行けますハイシーズンでも片道4,500円と非常にリーズナブルです。

ソラシドエアのマイルを使って往復で特典航空券を発券するとさらにお得です。

往復でソラシドエアの特典航空券を発券した場合、ローシーズンは片道あたり2,375円、ハイシーズンでも片道あたり3,500円で東京から宮崎へ行けます

ちなみに筆者が明日乗るソラシドエアの飛行機は、予約時の一番安い運賃が「バーゲン14」で17,090円でした。ソラシドエアのマイルを使用することで、これを2,500円で予約できたので、通常の85%オフになったと言えるのではないでしょうか。

東京から沖縄へも飛行機で格安3,000円〜

実は、ソラシドエアのマイルを活用することで、東京から宮崎などへの九州だけでなく、沖縄へも非常にお得に行けます。

東京から沖縄への片道特典航空券に必要マイル数は下の表のとおりです。

ハイシーズンレギュラーシーズンローシーズン
10,000マイル8,000マイル6,000マイル

ソラシドエアの6,000マイルは、ポイントサイトのポイント3,000円分を移行することで手に入れられるので、ローシーズンであれば片道3,000円で東京から沖縄へ行けますハイシーズンでも片道5,000円と非常にリーズナブルです。

ソラシドエアのマイルを使って往復で特典航空券を発券するとさらにお得です。

往復でソラシドエアの特典航空券を発券した場合、ローシーズンは片道あたり2,750円、ハイシーズンでも片道あたり3,750円で東京から沖縄へ行けます

名古屋から宮崎へ安く行く方法も同様【格安2,500円〜】

名古屋から宮崎へ安く行く方法も同様です。ソラシドエアのマイルを使うことで、東京から宮崎へと同様に片道2,500円から飛行機に乗ることができます。

名古屋から宮崎への片道特典航空券に必要マイル数は下の表のとおりです。

ハイシーズンレギュラーシーズンローシーズン
9,000マイル7,000マイル5,000マイル

ソラシドエアの5,000マイルは、ポイントサイトのポイント2,500円分を移行することで手に入れられるので、ローシーズンであれば片道2,500円で名古屋から宮崎へ行けますハイシーズンでも片道4,500円と非常にリーズナブルです。

ソラシドエアのマイルを使って往復で特典航空券を発券するとさらにお得です。

往復でソラシドエアの特典航空券を発券した場合、ローシーズンは片道あたり2,375円、ハイシーズンでも片道あたり3,500円で名古屋から宮崎へ行けます

\ 入会+条件達成で1000pt /

\ 入会+条件達成で2000pt /

東京から宮崎へ格安で行こう!

この記事では、東京から宮崎へ安く行く方法をご紹介しました。

東京から宮崎へ行くには、「飛行機」「新幹線」「高速バス」「フェリー」の4つの方法がありますが、所要時間的にも費用的にも飛行機が圧倒的におすすめです。

東京から宮崎へ運航している航空会社は、羽田空港出発の「ANA」「JAL」「ソラシドエア」の3社と、成田空港出発の「Jetstar」「Peach」のLCC2社の合計5社です。その中でも、ソラシドエアのマイルを活用することで東京から宮崎へ片道2,500円〜と格安で移動できることをご紹介しました。ソラシドエアはANAやJALと同様にフルサービスキャリアのため、預け荷物や座席指定、機内での飲み物も無料なので安心です。

ソラシドエアのマイルを貯めて、東京から宮崎などの九州や沖縄へ格安で行く詳しい方法は、「ソラシドエアマイルの使い方と貯め方【決定版】」で徹底的に解説しています。

ソラシドエアのマイルを効率的に貯めるためには、「ハピタス」や「モッピー」といったポイントサイトの活用が欠かせません。数十分の作業で東京から宮崎への特典航空券の発券に必要なポイントを貯めることができます。

「宮崎移住準備のため、何度か東京から宮崎へ行きたい」というサーフィン好きのあなたや、「旅行大好き。だけど移動費はできるだけ節約したい」というあなたにおすすめしたい方法です。

しかも、ソラシドエアのマイルを使うと本人の分だけではなく家族や友人の分まで特典航空券を発券できます。恋人や家族へのサプライズプレゼントとして旅行をプレゼントするのも素敵だと思いませんか?

東京と宮崎での多拠点生活を夢見ている筆者も、早速、明日から宮崎へ行ってきます。ソラシドエア、ありがとう!

\ 入会+条件達成で1000pt /

\ 入会+条件達成で2000pt /

コメント

タイトルとURLをコピーしました