月45万稼ぐWebライターおすすめの本!ライティング初心者はまずこの2冊から

ワーク

副業としてWebライターの仕事に興味があるけど、僕にライティングなんてできるかな?

決して文章を書くのが得意ではないWebライティング初心者の僕が、Webライターとして必要な知識をつけられる本があれば教えてほしいな。

こんな疑問を持ったあなたに向けてこの記事を書いています。

筆者は完全未経験から独学でWebライターになり、最高月収45万円を稼ぐことができました。

正直なところ、Webライターとして仕事を始めるまでは文章を書くことに少し苦手意識を持っていましたが、現在もコンスタントに月収30万円程度は稼いでいます。

筆者
筆者

コーディングやプログラミング、デザインなどの仕事獲得に挫折し、最終的にたどり着いたWebライターの仕事。完全未経験でもスキルがなくても、ここで紹介している本を読めばすぐにでもWebライターとして仕事ができる、と自分自身の経験から自信を持って言える書籍をご紹介します。

この記事では、Webライター初心者に絶対読んでほしい2冊と、さらに知識を深めてスキルアップするための7冊の合計9冊の本を紹介しています。

完全未経験からWebライターとして仕事を獲得する方法は「未経験OK!Webライターの始め方〜初心者でも初月5万→月収45万の経験談も」で紹介していますので、こちらの記事もあわせて読んでみてください。

目次
  1. Webライター初心者が身につけたい3つのスキルとは?
  2. 最初はこれだけでOK!Webライター初心者が絶対に読むべきおすすめの本2冊
  3. Webライター初心者が文章力を上げるためにおすすめの本2冊
  4. Webライター初心者がSEOのプロになるためにおすすめの本3冊
  5. 「売れる」Webライターになるためにおすすめの本2冊
  6. 未経験Webライターはまず2冊読むことから始めよう

Webライター初心者が身につけたい3つのスキルとは?

Webライターになるために必要な知識は、実はそんなに多くはありません。

Webライター初心者におすすめの書籍をご紹介する前に、ここでは、Webライター初心者が身につけたい3つのスキルをご紹介します。

【基礎の基礎】まずはWebライティングに必要な基礎的な文章力をつける

Webライターとしていちばん最初に身につけたいスキルが「文章力」です。

え、文章力なんてないから無理……。

と思うかもしれませんが大丈夫です。文章力とは言っても、小説のような美しい文章を書く必要はありません。しっかりと意味が伝わって、読んでいて不快でない文章が書ければ大丈夫です。

また、Webライティングの場合は、ほかの文章の書き方とは少しルールが異なります。そのため、初心者Webライターは、まず最初に、Webライティングのための基礎的な文章力をつける必要があります。

【高需要】次にSEOに基づくWebライティングの知識をつける

クライアントはなぜあなたに記事の執筆を依頼するのでしょうか?

記事が必要だからでしょ?(キリッ)

記事が必要なのはもちろんなのですが、ほとんどの場合、Google検索で特定のキーワードで上位に表示されることを狙って記事の執筆を依頼しています。

たとえばあなたが東京の新宿で美容院を経営しているとして、Googleで「新宿 美容院」と検索したときにあなたの美容院のウェブサイトやブログ記事が上位表示されたら、広告を出さなくてもお客さんを集められる可能性が高いと思いませんか?

クライアントもほとんどの場合は同様の意図で、自分自身の商品やサービスを見込み顧客に知ってもらうために記事を投稿しています。

そのため、あなたがWebライターになりたいのであれば、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)に基づくライティングの知識が不可欠です。つまり、どのように記事を書くと特定のキーワードで上位表示される可能性が高くなるのか、ということを理解した上で記事を執筆する能力が必要だということです。

あなたがこの記事を読んでいるということは、もしかしたらGoogleやYahoo!で「Webライター 本」などと検索したからかもしれませんね。

【報酬アップ】余裕ができたら「売る」ためのコピーライティング力をつける

上で紹介した「基礎的な文章力」と「SEOの知識」があれば、Webライターとして生きていくことは可能です。

しかし、さらにもう一歩進んで、さらに需要がある、さらに稼げるWebライターになるには、コピーライティング力をつけることをおすすめします。

要するに、あなたの文章を読んだ人に「これを買いたい!」と思わせる能力のことです。

あなたに記事を執筆してもらうと飛ぶように自社の商品やサービスが売れるのであれば、当然、クライアントは高いお金を払っても、ほかの誰でもないあなたに記事の執筆を依頼するはずです。

あなたが、まだ未経験あるいはWebライター初心者の場合は、まずは「基礎的な文章力」と「SEOの知識」をつけてください。そして、余裕が生まれたら「コピーライティング力」を学ぶことをおすすめします。

最初はこれだけでOK!Webライター初心者が絶対に読むべきおすすめの本2冊

あなたがWebライター未経験の場合は、ここで紹介する2冊の本を何度も読み返してください。この2冊をしっかりと理解すれば、あなたはプロのWebライターになることができます。

ここでは、すべてのWebライターに必ず読んでほしい超おすすめのWebライティング本2冊をご紹介します。

Webライティングの基礎が学べる本『新しい文章力の教室』

まず、Webライティングのための基礎的な文章力をつけるために読んでほしいのが『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ』です。

この本では、Webライターとして文章を書く上で必要な知識がほぼすべて網羅されていると言っても過言ではありません。

「良い文章とは完読される文章である」という良い文章の定義から始まり、完読される文章を書くための方法を初心者にもわかりやすく丁寧に解説してくれています。

また本書では、「列挙の『と』『や』は最初に置く」や「並列の『たり』は省略しない」など、編集者から指摘されやすいポイントも解説されています。そのため、記事の執筆が完了したら、クライアントに提出する前に、改めて自分が書いた文章におかしな点がないか確認するためにも利用できます。

Webライター初心者には、何度も何度も読み返してほしい、バイブル的な一冊です。

SEOライティングが学べる本『沈黙のWebライティング』

Google検索で上位表示される記事を執筆するために必要なSEOライティングの知識は『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—』から学べます。

なんか表紙の絵を見る限りふざけた本のようだけど……。

表紙にはマッチョの男の絵が描かれており、少しふざけた本のような印象を与えるかもしれません。

しかし、この本は物語形式で書かれており非常に読みやすく、かつ、SEOライティングに重要なエッセンスがぎっしりと詰まっています。

本書では、Webライティングで成果をあげる、つまり、Googleに評価される記事の書き方を学べます。

ほとんどのクライアントが求めている記事が「Google検索で上位表示される記事」であることから、WebライターにとってSEOライティングの知識は不可欠です。

小手先のテクニックや知識だけではなく、何年も何十年もずっと役立つ、SEOライティングの基本であり真髄を学ぶために、ぜひ本書を読んでください。

なお、書籍は500ページ近くあり重く、持ち運びが大変なため、Kindleなどの電子書籍版の購入をおすすめします。

Webライター初心者が文章力を上げるためにおすすめの本2冊

新しい文章力の教室』でWebライティングのための基礎的な文章力を身につけた上で、「さらにWebライターとして文章力を磨きたい」と感じたら、ここで紹介している本で学びを深めてください。

実践的ロジカルライティングが学べる『入門 考える技術・書く技術』

論理的な文章で読者を納得させるには『入門 考える技術・書く技術』がおすすめです。本書はWebライティングに特化した本ではなく、レポート・ライティングの基本コンセプトである「ピラミッド原則」を紹介しています。

この「ピラミッド原則」は、1970年代にマッキンゼーで教えられ始め、現在では世界中の一流コンサルティング会社で採用されています。

Webライティングに限らず、メール・ライティングなどのさまざまな日常業務でも役立つ論理的な文章を執筆する力を身につけることで、日々の仕事にも活かせるはずです。

一生使える「書く技術」を身につける『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

「頭の中で考えていることがうまく文章にできない」と悩んでいる場合は、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読みましょう。

本書では、「ライターとは“翻訳者”である」「文章は“リズム”で決まる」を信念に、ビジネス書や教養書を中心に現在まで約80冊を担当してきた現役ライターが、あなたの「話せるのに書けない」を解決します。

Webライティングに特化した本ではありませんが、頭の中の考えを文章にする力をつけるために読んでほしい一冊です。

Webライター初心者がSEOのプロになるためにおすすめの本3冊

沈黙のWebライティング』でSEOライティングの知識を身につけた上で、「さらにSEOについて理解したい」というWebライターにおすすめの本をここでは紹介します。

SEOの再入門にもおすすめの『世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生』

良質な記事を書くための「ライティング技術」と、Googleで上位表示させるための「SEO技術」の両方を学ぶには『世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生』がおすすめです。

Googleが記事を評価する仕組みやSEOに強い記事の書き方など、Webライター初心者が知っておきたい内容が解説されています。

また、Webライターとして活動していく上で、自身のブログを持っていることは強みになります。そのため、本書で紹介されている内容をもとに記事テーマを選定し、自身のブログを立ち上げるのもおすすめです。

SEO全般の知識が理解できる『SEO技術バイブル』

「Webライティングのためだけではなく、SEOのすべてを学びたい」というあなたは『現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル』を読みましょう。

本書は、コンテンツSEOだけではなく、Webサイトで実施すべきさまざまなSEOに関する知識が網羅されています。ただし、紹介されている内容は広く深いため、HTMLなどのWebの知識がない方には理解するのが難しいかもしれません。

しかし、ちょっと背伸びをしても挑戦する価値のある本です。本書の内容が理解できるようになったころには、あなたも「SEOのプロ」と名乗れるようになっているでしょう。

これを理解できればSEOコンサルもできる『沈黙のWebマーケティング』

Webライティングに限らず、SEOを中心としたWebマーケティングについて学ぶなら『沈黙のWebマーケティング ─Webマーケッター ボーンの逆襲─』がおすすめです。

この本は、SEOライティングの知識を身につけるための本として紹介した『沈黙のWebライティング』の姉妹本です。

本書では、Webライティングに限らず、SEOを中心としたWebマーケティングの基本が学べます。筆者は、この2冊の『沈黙のー』シリーズを何度も読み返し、実践した結果、現在はSEOコンサルタントやWebマーケターとしても仕事ができています。それほど中身の濃い本です。

沈黙のWebライティングを読んでみて、そのテイストが好みだった場合は、ぜひ、この本にも目をとおしてください。

「売れる」Webライターになるためにおすすめの本2冊

Webライター初心者に必ず学んでほしいのは「文章を書く力」と「SEOの知識」ですが、これらに加えて、ものを売るための「コピーライティング力」を身につけると最強のWebライターになることができます。

ここでは、コピーライティングを学ぶためにおすすめの本を2冊ご紹介します。

文字によるセールスを成功させる『10倍売れるWebコピーライティング』

セールスで成果を出すためのルールを学ぶには『10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方』がおすすめです。

本書では、「セールスとはセンスや才能ではなく『科学』である。科学である以上、成果を出すためのルールがある。そして、このセールスのルールどおりにやれば、誰でも売れるようになる」と言っています。

売れるWebコピーライティングができるようになれば、あなたの文章は高く売れるようになります。また、自身のブログを立ち上げて、アフィリエイトなどで生計を立てることも可能になります。

「文章を書く力」と「SEOの知識」があればWebライターとしては十分食べていくことが可能ですが、さらに稼げるWebライターになるために、本書で売れるコピーライティングの書き方を学びましょう。

全米No.1セールスライターが教える『10倍売る人の文章術』

コピーライティングの文章術やマーケティングのノウハウを学ぶなら、『全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術』がおすすめです。

本書は内容が少し古く、Webに特化した本ではないのですが、コピーライティングに関する深い知識を学ぶことができます。本書の内容は、受講料が2,000ドル(約22万円)もするセミナーのすべてをまとめたものです。

本書を読むことで、コピーライティングやマーケティング、コミュニケーションなどの数々のノウハウを知ることができます。

コピーライティングのプロセスを理解し、よい文章を書く自信がほしい方は、本書を読んでみてください。

未経験Webライターはまず2冊読むことから始めよう

この記事では、Webライター初心者におすすめの本を合計9冊ご紹介しました。

その中でも、未経験Webライターにまず読んでほしい本は、Webライティングのための基礎的な文章力を学べる『新しい文章力の教室』と、SEOライティングの知識が身につけられる『沈黙のWebライティング』の2冊です。

この2冊の内容がある程度理解できれば、Webライターとして問題なく仕事を受けられます。

そして、Webライターとしての経験を少し積んだあとにさらにスキルアップしたい場合は、残りの7冊の中から必要な本を選び、学びを深めましょう。

未経験からWebライターになる方法は「未経験OK!Webライターの始め方〜初心者でも初月5万→月収45万の経験談も」で紹介しています。あわせて読んでみてください。

副業としてWebライターを始めても、最初のうちは月5万円〜10万円程度しか稼げないことがほとんどです。そこで、筆者がおすすめしたいのは、Webライターの活動と同時に「ポイ活」をすることです。

「ポイ活」とは、ポイントサイトを活用することで、普段のお買い物でいつもより多くのポイントをもらったり、クレジットカードを発行することなどで数千円〜数万円のお小遣いを稼ぐことです。

Webライターにとっては、アフィリエイトを理解することも重要です。ポイントサイトを利用することで、アフィリエイトに関する理解も深まるでしょう。

「【完全版】モッピーの稼ぎ方!学生でも初心者でも今日10万円稼げる具体的手順」では、モッピーというポイントサイトを使って、登録した初日から10万円稼げる具体的な手順を紹介しています。

「10万円も稼げるわけがない」と思うのはわかりますが、実際に稼げる方法を紹介していますので、まずは疑う前に記事を読んでみてください。本当に10万円稼げて驚くことと思います。

また、「ハピタスの使い方がわからない?ポイ活初心者向け徹底ガイド【6万円稼ぐ方法付き】」では、ポイントサイトやポイ活初心者の方向けにハピタスの使い方を徹底的に解説しています。

数時間の作業で数万円稼げる方法なので、ぜひ、一度目を通してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました