トラベル ホテル マリオット

マリオットポイントはマイルに交換がお得!移行方法とおすすめ交換先を解説

Amazonお得情報

Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が2ヶ月無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト

Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト

Amazonプライム会員(映画見放題など)が30日間無料(通常月額500円)!
Amazonプライム公式サイト

マリオットポイントをマイルに交換するにはどうしたらいいんだろう?
また、どの航空会社のマイルに交換するのがお得なんだろう?
具体的なマイル移行手順とおすすめのマイル交換先を知りたい。

こんな疑問に答える記事です。

マリオットボンヴォイのポイントはホテルの無料宿泊に使えるだけでなく、世界中の40以上の航空会社マイルに交換できます。

本記事では、マリオットポイントをマイルに交換する具体的な手順とおすすめのマイル交換先、マイル交換をお得にする方法を解説します。

マリオットポイント6万ポイントがあればJALのアジア行きのビジネスクラスに乗ることが可能です!
世界中をお得に旅しながら生活しているノマドの筆者が、マリオットポイントのお得なマイル交換方法やマイル交換先を解説します。

マリオットポイントのマイル交換の概要

まずは、マリオットポイントのマイル交換についての概要を箇条書きでまとめました。

  • マリオットポイントの交換先マイルは40以上
  • 基本的には3マリオットポイント=1マイルで換算
  • ただしさらにお得にボーナスマイルを得る方法あり
  • 1日あたり3,000〜240,000マリオットポイントを移行可能
  • マリオットポイントのマイル移行にかかる期間は約1週間(早ければ数日、遅いと3週間かかることも)
  • マイレージプログラムアカウント登録会員名とMarriott Bonvoy登録の姓名が一致している必要あり

40以上あるマイル交換先の中でも人気が高いのは日系大手航空会社の2社です。

  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日空)

また、場合によっては海外の航空会社のマイルを使うとさらにお得に旅行ができます。

原油高が続いている現在、燃油サーチャージ代が徴収されないアメリカの航空会社マイルの価値はさらに高まっています。

中でも以下の3社はマリオットポイントのマイル交換先としておすすめです。

  • ユナイテッド航空
  • アラスカ航空
  • デルタ航空

アジア旅行でビジネスクラスに乗りたい場合はアラスカ航空が特にお得です。
後ほど日系2社を含めたこれら5社のマイレージプログラムについても解説します。

マリオットポイントのマイル交換先と交換レート一覧

マリオットポイントのマイル換算レートは基本的に3:1です。

つまり、マリオットポイント3ポイントを1マイルに交換できます。

一部例外もあるため、ここではマリオットポイントのマイル交換先と交換レートを一覧でご紹介します。

航空会社交換レート
エーゲ航空3:1
エアリンガス航空3:1
エアロメヒコ3:1
エアカナダ3:1
エールフランス / KLM3:1
ニュージーランド航空200:1
アラスカ航空3:1
ANA(全日空)3:1
アメリカン航空3:1
アシアナ航空3:1
アビアンカ航空3:1
ブリティッシュエアウェイズ3:1
キャセイパシフィック航空3:1
コパ航空3:1
デルタ航空3:1
エミレーツ航空3:1
エティハド航空3:1
フロンティア航空3:1
海南航空3:1
ハワイアン航空3:1
イベリア航空3:1
InterMiles3:1
JAL(日本航空)3:1
大韓航空スカイパス3:1
LATAM航空3:1
ITAエアウェイズ3:1
LATAM航空3:1
カンタス航空3:1
カタール航空3:1
サウディア航空3:1
シンガポール航空3:1
サウスウエスト航空3:1
TAPポルトガル航空3:1
タイ国際航空3:1
ターキッシュエアラインズ3:1
ユナイテッド航空3:1.1
ヴァージンアトランティック航空3:1
ヴァージンオーストラリア3:1
ブエリング航空3:1

マリオットポイントのマイル交換をお得にする方法

マリオットポイントをマイルに交換する場合のレートは基本的に3:1です。

しかし、ここでご紹介する2つの方法を組み合わせれば通常よりも最大35%お得にマリオットポイントをマイルに交換できます。

1.マリオットポイント6万pt単位でマイルに移行で5000ボーナスマイル獲得

マリオットポイントをマイルに移行する場合、60,000ポイント移行するごとに5,000マイルのボーナスマイルを獲得できます。

60,000ポイントごとなので、60,000ポイント交換で5,000ボーナスマイル、120,000ポイント交換で10,000ボーナスマイルを獲得可能です。

ほとんどのマイレージプログラムでマリオットポイントとマイルは3:1のレートで交換可能なので、基本的に60,000ポイントをマイルに交換すると25,000マイルになり、通常よりも25%お得にマイル交換できます。

2.マリオットポイントをユナイテッド航空マイルに交換で10%アップ

マリオットボンヴォイとユナイテッド航空のマイレージプラスは特別に深く提携しています。

そのため、マリオットポイントをユナイテッド航空マイレージプラスのマイルに移行すると10%のボーナスマイルが加算されます。

つまり、通常はマリオットポイントとマイルは3:1のレートで交換可能ですが、ユナイテッド航空のマイルとは3:1.1のレートで交換できます。

60,000ポイント単位での交換のボーナスマイルとも併用可能なので、60,000ポイントをユナイテッド航空のマイルに交換すると27,000マイルになり、通常よりも35%も多くのマイルを獲得可能です。

マリオットポイントをマイルに交換する手順

マリオットポイントをマイルに交換する方法には、ウェブサイトで行う方法と電話で行う方法の2種類があります。

WEBでマリオットポイントをマイルに交換する手順

まずは、ウェブサイトでマリオットポイントをマイルに交換する手順を解説します。

step
1
マリオットのウェブサイトでログイン

マリオットボンヴォイのウェブサイトにアクセスしてログインし、ポイントでフライトを利用にアクセスして「ポイントの移行」ボタンをクリックします。

step
2
必要情報を入力

マリオットポイント移行先の「航空会社のマイレージプログラム」を選択します。

例えばJAL(日本航空)のマイルに移行したい場合は、「Japan Airlines JAL Mileage Bank」を選択します。

次に、「マイレージプログラム会員番号」を入力します。

そして、「マイルに移行するポイント数」を入力したら「次へ」ボタンをクリックするとマイル移行は完了します。。

60,000ポイント交換ごとに5,000ボーナスマイルを獲得できるので、できれば60,000ポイント単位でのマイル移行がおすすめです。

step
3
最終確認

確認画面が表示されるので、問題なければ「変換」ボタンをクリックします。

本人確認画面に遷移するので、「Eメールを送信」ボタンをクリックします。

仮コードが登録のメールアドレスに届くので、コードを入力して「送信」ボタンをクリックするとマイル移行手続きは完了です。

本作業終了後、数日から1週間程度でマイルが加算されます。

電話でマリオットポイントをマイルに交換する手順

マリオットのカスタマーセンターに電話をしてマリオットポイントをマイルに交換する場合は、ご自身の会員ステータスにあった下記の電話番号に連絡してポイントをマイルに交換したい旨を伝えてください。

マリオットカスタマーセンター電話番号

  • 0120-92-5659(一般会員)
  • 0120-92-5759(ゴールド・プラチナ会員)
  • 0120-92-5958(チタン会員)

月~金 9:00~20:00 / 土 9:00~17:00 ※日・祝・年末年始休

また、海外にいるなどの理由でフリーダイヤルに電話をかけられない場合は、以下の電話番号に連絡してください。

  • 03-5423-6062

マリオットボンヴォイ全般の一般的な質問にも答えてくれます。
わからないことが何かあればこの番号にかければ大丈夫です。

マリオットポイントおすすめマイル交換先BEST5

ここでは、マリオットポイントをマイルに移行可能なおすすめ航空会社マイレージプログラムを5つご紹介します。

1.JAL(日本航空)

行き先はどこでもいいから日本国内をたくさん旅行したい!」という人におすすめなのがJALマイレージバンク。

JALのマイルで日本国内の往復特典航空券を発券する場合、通常は最低でも12,000マイル必要です。

しかし、JALのどこかにマイルを使うと往復航空券が通常の半分以下の6,000マイルで発券できます。

4つの行き先候補の中からランダムで行き先が決定されるため、目的地が決まっている旅行には適していませんが、「どこでもいいからお得に旅行したい」という人にはぴったりのシステムです。

2.ANA(全日空)

日本国内をなるべくお得に旅行したい!」という人におすすめなのがANAマイレージクラブ。

ANAのマイルで日本国内の片道特典航空券を発券する場合、通常は最低でも6,000マイル必要です。

しかし、ANAのトクたびマイルを使うと片道航空券が3,000マイルから発券できます。

対象路線は毎週火曜日の正午に告知され、予約は水曜日から翌週の火曜日まで、搭乗は木曜日から翌週の水曜日までと制限されますが、お得に対象路線の航空券を発券できます。

「対象路線が発表されてから旅程を考える」という柔軟な姿勢で使うとお得な旅行が実現可能です。

3.ユナイテッド航空

現金の支出を抑えてマイルでお得に海外旅行がしたい!」という人におすすめなのがユナイテッド航空のマイレージプラス。

記事執筆時点では、過去に例がないほど燃油サーチャージ代が高騰しています。

そのため、JALやANAなど日系航空会社のマイルで国際線の特典航空券を発券すると、マイルの消費だけでなく非常に高い燃油サーチャージ代を現金で支払う必要があります。

しかし、ユナイテッド航空のマイルを使って国際線の特典航空券を発券する場合は燃油サーチャージ代がかかりません

ほとんどの路線で日系航空会社よりも発券に必要なマイル数は多いのですが、燃油サーチャージ代を考慮すると現在はユナイテッド航空のマイルで国際線の特典航空券を発券する方がお得な場合が多いです。

「海外旅行はしたいけど燃油サーチャージ代は払いたくない」という人はユナイテッド航空のマイルにマリオットポイントを交換しましょう。

4.アラスカ航空

お得に国際線のビジネスクラスに乗ってみたい!」という人におすすめなのがアラスカ航空のマイレージプラン。

日本からアジアの各都市(タイのバンコクやシンガポール、インドのデリーなど)への片道ビジネスクラス特典航空券が25,000マイルで発券可能です。

購入すると数十万円する路線が立ったの25,000マイルで発券できるのは驚きです。

他にもアメリカー日本ーアジアの片道ファーストクラスも70,000マイルとお得に発券できます。

また、アラスカ航空もユナイテッド航空同様に燃油サーチャージ代はかかりません

アラスカ航空マイルを使ったお得な路線はこちらの記事で解説しています。

5.デルタ航空

スカイチームの飛行機に乗りたい!」という人におすすめなのがデルタ航空のスカイマイルプログラム。

世界の主要航空アライアンスには、ANAやユナイテッド航空などが所属するスターアライアンス、JALやアラスカ航空などが所属するワンワールド、デルタ航空などが所属するスカイチームの3つがあります。

日経航空会社にはスカイチームに所属している航空会社がないため、スカイチームの航空会社の飛行機に特典航空券で乗りたい場合はスカイチームのマイルを貯めなければなりません。

スカイチームのマイルの中で比較的使い勝手がいいのがデルタ航空のマイルです。

そのため、スカイチームの飛行機に乗りたい場合はデルタ航空のマイルにマリオットポイントを交換しましょう。

また、デルタ航空も燃油サーチャージ代は不要です。

マイルを貯めるならマリオットポイントが最適な理由

ほとんどの人はマイルを貯めるためには「特定の航空会社の飛行機に乗る」または「ANAやJALのクレジットカードを使う」という方法を考えるのではないでしょうか?

しかし実際には、特定の航空会社のマイルを貯めるよりもマリオットポイントを貯めておき、必要に応じてマイルに交換する方がほとんどの場合はお得です。

ここでは、マリオットポイントを貯めてマイルに交換するメリットを解説します。

マリオットポイントをマイルに交換するメリット

  • 有効期限が実質無期限
  • 40以上のマイルに交換可能
  • 提携クレジットカードのマイル還元率が1.25%(最大2.5%)で貯まりやすい

有効期限が無期限

ANAやJALのマイルの有効期限は獲得から3年です。

飛行機にほとんど乗らずにクレジットカードだけでマイルを貯める場合、年間100万円程度のカード決済をしても1万マイル程度しか貯まりません。

そのため、3年後に海外旅行をしようとしてもマイルが足りず、結局マイルを使用できず失効してしまう、ということがよくあります。

一方で、マリオットポイントの有効期限は2年ですが、ポイント数の変動があると有効期限がそこから2年に延長されます。

つまり、マリオットポイントの有効期限は実質無期限です。

そのため、必要なマイルが貯まらなくても焦らずゆっくり貯めることが可能で、マイル(ポイント)を失効させてしまうリスクがありません。

40以上のマイルに交換可能

各航空会社のマイレージプログラムには改悪がつきものです。

現在はアラスカ航空のマイルでアジアまでたったの25,000マイルでビジネスクラス片道特典航空券を発券可能ですが、いつ改悪されるかわかりません。

そのため、特定の航空会社のマイルを貯めるのにはリスクがあります。

「目標マイル数が貯まった数年後にはマイレージプログラムが改悪されていて特典航空券が発券できなかった」ということもありえます。

一方で、マリオットポイントを貯めておけば、必要に応じていつでも40以上のマイレージプログラムのマイルに交換が可能です。

ひとつのマイレージプログラムが改悪されたとしても他の航空会社のマイルに交換すればいいだけなので、リスクを最小限にできます。

提携クレジットカードのマイル還元率が1.25%(最大2.5%)

マイルを貯めたい場合におすすめのクレジットカードはマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード(MBAプレミアム)です。

筆者も本カードを持って8年目になりますが、ポイント・マイルがザクザク貯まっています。

MBAプレミアムでは、100円の利用につき3ポイント貯まります。

つまり、200万円の利用で60,000ポイント貯まります。

60,000ポイントをマイルに交換すると25,000マイルになるため、MBAプレミアムのマイル還元率は1.25%です。

さらに、マリオット系ホテルでのカード決済にMBAプレミアムを使うと100円の利用につき6ポイントと通常の2倍のポイントが貯まり、マイル還元率は2.5%になります。

通常のカードだとマイル還元率は0.5%程度、JALカードやANAカードだとマイル還元率は1%程度なため、MBAプレミアムのマイル還元率はかなり高いです。

そのため、マイルを貯めたい場合はMBAプレミアムを利用してマリオットポイントを貯めることをおすすめします。

マリオットポイントを貯めるならマリオットアメックスがおすすめ

本記事では、マリオットポイントのマイル移行方法やおすすめの交換先を解説しました。

マイルを貯めてお得に特典航空券を発券したい場合にはマリオットポイントを貯めましょう。

マリオットポイントを貯めたい場合はマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードがおすすめです。

今なら入会キャンペーンで大量ポイントが獲得可能なマリオットボンヴォイアメックスについてはこちらの記事で解説しています。

また、マリオットボンヴォイアメックスの入会キャンペーンについてはこちらの記事で解説しています。

おすすめポイントサイト

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタス新規登録+条件達成で2,000ptゲット!

登録初日に6万円獲得する方法は「解説記事」、登録は「公式サイト」をクリック。

モッピー

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

東証一部上場企業が運営する安心のポイントサイト!

登録初日からガッツリ稼ぐ方法は「解説記事」、登録は「公式サイト」をクリック。

ポイントインカム

ポイントサイトのポイントインカム

3冠達成で勢いに乗っているポイントサイト!

使い方や最新キャンペーンの確認は「解説記事」、登録は「公式サイト」をクリック。

-トラベル, ホテル, マリオット